本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGsの取り組み

社会福祉法人優輝会は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  1. 人や国の不平等をなくそう
  2. 住み続けられるまちづくりを
  3. つくる責任つかう責任
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 海の豊かさを守ろう
  6. 陸の豊かさも守ろう
  7. 平和と公正をすべての人に
  8. パートナーシップで目標を達成しよう

当法人の取り組みについて

SDGsの達成に向けた経営方針等

社会福祉法人優輝会は、地域福祉の担い手として関係機関と連携・協力を進めながら、在宅から施設まで最善の福祉サービスを提供すると共に、福祉人材の育成や地域交流・貢献活動に力を入れ、安全・安心な地域づくりに貢献していきます。ご利用者やご家族、地域住民・関係者等をはじめ、働く職員にとっても「恵珠苑で良かった」と思える法人づくりを進めていきます。

主な取り組み

地域行事参加
認知症サポーター
養成講座
省エネルギー型
給湯空調機の導入
実習生の受け入れ

活動報告

当法人では、これらの活動の他にもさまざまな活動を行っており、毎年行われる地元のイベントにも協賛・協力させていただいております。

SDGs達成に向けてのパートナーシップ

・地域の医療機関や介護サービス事業者、自治会との協働関係を強化していくための課題共有や課題解決型会議等を開催し、より良い地域づくりと包括ケアシステムの実現に向けて取り組んでいます。
・専門学校や管理団体等と協力しながら外国人(留学生・実習生・職員)の就労を積極的に推進し、生活上の相談や支援を通して相互理解と関係強化を深めています。
 
社会福祉法人優輝会
特別養護老人ホーム恵珠苑
長崎県長崎市田上2丁目15番12号
TEL.095-828-1332
FAX.095-828-0884

1.特別養護老人ホーム
2.ショートステイ
3.デイサービス
 
 
1
2
4
3
3
7
TOPへ戻る