本文へ移動

業務効率化・生産性向上の取り組み

ICT機器の活用を進めています

インカム(無線通信機)とタブレットで高まる「安心」と「安全」

インカムがあることで、コール対応で居室に入ったスタッフAから他のスタッフへその場ですぐに必要なサポートを求めることができます。
「私、行きます!」(スタッフB)の応答を聞くことで、ヘルプを求めたスタッフAはもちろんのこと、他のスタッフ全員も正しくタイムリーな状況把握ができます。
このことは、スタッフの負担を減らしながら効率的な動きにもつながると同時に入居者さまの安全・安心の向上にも直結します。
 
タブレット端末は、食事・バイタル・水分の摂取状況や入浴・排泄等の状況を簡単入力が可能となっており、記録業務の効率化に加えて画像記録も取り込むことにより、介護情報の質の向上と共有化のスピードアップも図れています。
 
 

見守り支援システムで安心・安全

センサーとカメラの効率的な組み合わせシステム

入居して間もない方や夜間に単独歩行をされる方などの転倒や滑落等の事故リスクを下げるための取組みとして、ご本人やご家族様への説明を行った上で見守り支援システムを導入しています。
取り付け・取り外しもその場でできるため、必要な場所と期間に応じた適切な利用が可能となっています。
特に、人手が限られる夜間帯には介護スタッフにとっても心強い味方となっています。
 
社会福祉法人優輝会
特別養護老人ホーム恵珠苑
長崎県長崎市田上2丁目15番12号
TEL.095-828-1332
FAX.095-828-0884

1.特別養護老人ホーム
2.ショートステイ
3.デイサービス
 
0
3
9
3
0
5
TOPへ戻る